外反母趾対策は子供の頃から

外反母趾というと女性が多いと言われています。
また子供の時、あまり歩かなかった人が大人になると発症するとも言われています。
しかし、実際には子供の時期に自分の足のサイズより大きい靴を履き続けた結果、外反母趾を発症するという事が近年解ってきました。
あまり足の指先が靴の中で自由に動きすぎると、無意識のうちにつま先をつぼむような感じで足を踏ん張るようになり、子供の体の柔軟性故に親指の付け根から指先が第2指の方向に曲がってきてしまうのです。
したがって親御さんは靴を買い与える時は若干きつめのを選ぶほうが良いです。
自分の子供時代を振り返ってみると、きとめの靴を何年も履いていた記憶があります。
今現在、外反母趾にならずに生活できているのも、このようなことのお陰かもしれません。

足利市 整骨院

ハローバック

高級中華料理 大阪