外反母趾の防止方法について

外反母趾とは、足の親指が外側、つまり右足なら右側、左足なら左側に反るように変形してしまう病気のことです。
この外反母趾はもともと、つま先が狭くつくられたハイヒールを履く女性によく見られる症状でした。
つま先が狭いハイヒールを長時間履き続けることで、指が必然的に「靴によって絞り込まれた」状況になってしまい、発症しやすくなるためです。
しかし最近では、男性でも発症する場合が多くなっています。
その原因の1つが「運動不足による、足の筋肉の衰え」があります。
これにより関節を支える強度が少なくなり、少々の足の体勢の悪さでも変形しやすい指になってしまっている、と考えられています。
したがって外反母趾の防止方法としては、なるべくサイズに余裕を持たせたシューズを履き、早歩きや小走りによって足周りの筋肉を刺激することが必要となります。