習慣を見直して外反母趾を防ぐ

外反母趾とは、足の親指が小指の方向へ曲がってしまう病気で特に女性に多いと言われています。
症状が進行してしまうと関節に炎症が起きてしまうため、歩いたり立ち上がるたびに痛みを感じるようになってしまいます。
外反母趾になってしまう主な原因は、靴や靴下で足先が圧迫されることです。
特に、靴の先が細くとがったヒールのある靴を日常的に履いていると、外反母趾のリスクがとても高まってしまいます。
また、女性の場合は男性に比べて関節が柔らかいため、同じ刺激を受けた場合に男性よりも外反母趾になりやすいのだそうです。
外反母趾は、放っておくと歩行困難をひきおこしかねない危険な病気です。
足の親指の角度に違和感を感じたら、痛みを感じなくてもマッサージや外反母趾の治療用のサポーターなどを利用して早めにケアをするようにしましょう。